■ 包帯クラブ (2007)

【包帯クラブ 】 9月15日(土) 公開
監督 : 堤幸彦

出演 : 柳楽優弥/ 石原さとみ/ 田中圭

原作 :  天童荒太 『包帯クラブ』(筑摩書房刊)
 ★★★(3点/5点満点中)

「 包帯クラブ (2007) 」

 

 

 

監督は、 「トリック 劇場版 (2002)」、「トリック 劇場版2 (2006) 」、「明日の記憶 (2005) 」の堤幸彦 。

主演は、「誰も知らない (2004) 」で2004年・第57回カンヌ国際映画祭でいきなり主演男優賞を受賞し、突如として華麗なスポットライトを浴びることとなり、母の手で綴られた私小説の映画化「星になった少年 Shining Boy & Little Randy (2005) 」でも、短くも輝いた人生を送った像使いの少年を自然体で演じきった柳楽優弥。

ヒロインには、21歳ながらあおのあどけないベビーフェイスを生かし、高校生役を違和感なく演じていた石原さとみ。「わたしのグランパ (2003)」で日本アカデミー賞及びブルーリボン賞 でも新人女優賞を受賞しするなど、ドラマやCMにも引っ張りだこですね。

 


 


 

Story : 関東近郊で暮らす高校生たち。嫌な事ばかりではないが、毎日少しずつ傷つき、大切なものを失う。ふと、ある人が心の傷ついた場所に包帯を巻いてくれた。気持ちがスゥーッと楽になる。それが“包帯クラブ”の始まりだった。





[ 2007年9月15日公開 ]



ー 作品情報より ー

 

今年も暑い中GTFシネマショー行ってきました。

去年は束で届いた試写状でしたが、今年は2枚しか当りませんでした・・・・

この映画も思っていたより面白かったです。

感想はまた後日書きます(汗

 

エンディングテーマ: 高橋瞳 『強くなれ』

 

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

∥  ||   || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック