MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 地下鉄(メトロ)に乗って 」

<<   作成日時 : 2006/10/05 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

監督 : 篠原哲雄
出演 : 堤真一 / 岡本綾 / 常盤貴子/ 大沢たかお
原作 : 浅田次郎
公式HP : http://www.metro-movie.jp/ 

「 地下鉄は良いね、思うままにどこへでも行けるから 」

またまた、大変良い映画を観た・・・

 タイムパラドックス的発想を使った、親子の確執をひとつひとつ解き明かして行くような、なかなか深くて切ないファンタジーです。

相変わらず原作は未読なのですが、この映画は原作を読んでみたくなる秀逸さを感じます。

 

 監督は、「命 」の篠原哲雄。

 主演、堤真一はこのところ良い映画を選んで出演していると言う気がしますね。助演ではありましたが「ALWAYS 三丁目の夕日」で好演した後に続いて、大変話題になるだろうと予想される本作での主演となりました。愛人宅からたまにしか帰らぬ父を子供の頃から観ていて軽蔑していたのに、自分も結局は愛人を持っているあたり、父を嫌っても、嫌っても、どこか似てきてしまう、小沼佐吉の次男役です。

 真次の愛人で真次と同じ会社の下着メーカーのデザイナーである、みち子役に岡本綾。

 真次の父親役に大沢たかお。助演ながら、今回は強烈な印象で主役を食う勢いでした。



Story : 絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次は、いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していた。そこに突然、亡き兄が姿を現す。兄の背中を追って地下通路を抜けると、そこは昭和39年の東京だった。ほどなくして真次は無事現在に戻ってくるが、後日、今度は恋人の軽部みち子も一緒に昭和21年に遡り、闇市でしたたかに生きる若き日の父・小沼佐吉に出会う。


 ハリウッド映画でよく出てくる天使みたいな存在、時には、「ブルース・オールマイティ」では、白ひげのおじいさんだったり、「グリーン・マイル」では黒人の大男だったり、(なぜにこの2作品?と疑問もわきますが、たまたまふっと浮かんだのがこれ(笑)、もっといっぱいありますけどね)、ルーベンスなどの絵画に描かれているエンジェル的イメージとは違った神の使いのような存在が使われる事が多いですね。
 キリスト教圏でない日本でのお話なので、天使というのとはまたイメージ以上に宗教観からも違っていますが、神から使わされた存在みたいな、あの世からのメッセンジャーとでも言うのでしょうか。独特の雰囲気を放つ演技派俳優、田中泯演じる恩師に出会う事によって、主人公の長谷部真次は縦横無尽に過去へとと飛ばされて行きます。その時代は、潜在意識の中で主人公真次が心から求めていた答えを探す旅。

 いわゆる世にも不思議な物語・・・・。(頭の中で流れるメロディ、チャララン、チャララン〜♪以下自粛・・)

 (。-_-。)ゴホッ・・・せっかく良いお話なのにちゃかしてごめんなさい、脳みそ少々腐り気味。

 地下鉄が開通した当時の昭和37年の懐古映像で丸の内線が使われていました。
 永田町の駅の階段を上ると、なぜか、そこは昭和39年の丸の内線の新中野駅前。目の前にオデヲン座があって、忘れもしない大韓航空機事故で亡くなった、坂本九さんの代表的映画 「上を向いて歩こう 」 や未だに女優として女王健在、吉永さゆりさんの 「キューポラのある街」 が上映されていました。
 へぇ〜この時代なんだ・・っと思えたり、ストーリー以外の映像上でもいろんな意味で色々とこだわり満載で見所がいっぱいです。

 

 

 それにしても大沢たかおの演技は変貌を遂げすぎ感があります。
 小さい頃から靴磨き少年のようにあざとく生きるために何でもやって育ってきた孤児の少年だったら、満州帰りのアムールのようであってもリアリティがあり、そして真次の父のようであってもおかしくないと思うのですが、人って、いくら裏切られる人生を経験して辛酸をなめても、戦場でみた父のように性格からして別人のように、しかもべらんめぇ口調な異質な人物になるとは思えないのです。
 いろんな人物像を演じ分けられる大沢たかおの演技は評価するとして、メトロと呼ばれた小沼佐吉個人は、出征する時のような心静かなシャイな青年であったのに、別人格のようなべらんめぇ口調の江戸っ子みたいにはんっちゃって・・・。かなりの誇大解釈気味ではないかなっと違和感を少々感じました。純愛ものを演じている大沢たかおとヤクザ映画を演じている大沢たかおを持って来ちゃったような、そんな違和感とでも言うのでしょうか。

 そして、同じく常盤貴子の演技もあんなにすれっからし気味の女だったのに、何年経ったのかはわからないけれど、あんなに穏やかで包容力のあるな女性になりうるとも想像が付かないのです。

 岡本綾は、家に帰る愛人を静かな笑顔で送り出す儚げな女役が似合う女優さんですね。

 

 今回の試写会は青山一丁目の「草月ホール」、ステージにはフレームのついたスクリーンがちょっと観にくいし、音響もあまり良くないので邦画だと台詞がところどころ聞き取りにくいし、映画を上映するのには少々無理があるような気がしていました・・・・。でも映画を観進めて行くうちに主催者さんの意図というか、今回の試写へのこだわりを大変感じました。

 つまり、主人公が一番出会わなければいけなかったワンシーンが、地下鉄の「青山一丁目」だったから!!・・・私の心の中でナイス!っと叫んでしまいました☆
 そして、ストーリーが進むうちに、スクリーンのフレームの事などまったく気にならなくなりました。

 

地下鉄(メトロ)に乗って特別版
地下鉄(メトロ)に乗って特別版
著者:浅田次郎
出版社:徳間書店
(送料込み)

 ●Salyu“プラットホーム”CD(2006/11/1)
Salyu“プラットホーム”CD(2006/11/1)

 *--------------------------------------------------------------*

 

 *--------------------------------------------------------------*

 

 

〜おしまい〜

 

      

☆ランキングに参加しています。ロ_ρ゛(・・ ) プチンッしてくださると大変喜びまっす☆
↓           ↓           ↓           ↓
HPランキング ‖blogランキング ‖blog&検索エンジン ‖ベストブログランキング

エンタメ@BlogRankingMoonDreamWorks Movie riport Index日付順一覧ヘ

 

 


地下鉄(メトロ)に乗って
地下鉄に乗って (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岡本 綾
岡本 綾(おかもと あや、1982年12月9日 - )は、東京都出身、福島県育ちの、日本の女優。血液型A型。 ...続きを見る
気になる情報
2006/10/09 20:19
「地下鉄に乗って」試写会レビュー いい映画やったかな〜??(笑)
地下鉄に乗るのがちょっぴり怖くなり、ちょっぴりわくわくする、そんな映画かな(笑)僕自身そこまで楽しめなかったのだが、厚生年金会館までいっしょに観に行ってくれたみんなが感動してくれたみたいでよかった。で、そう言われてみると、いい映画やったかな〜と思い出しながら、しみじみレビューといきましょうか。。。 ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/10/13 20:05
地下鉄(メトロ)に乗って
「地下鉄(メトロ)に乗って」がもうすぐ公開です。 私は東京メトロ沿線に住んでおり、毎日利用しています。 随分前からこの「地下鉄(メトロ)に乗って」の広告を見ていました。 なので、ずっと前に公開されたものだと思い込んでいたんですが、 実際の公開日は10月21日ということ・・・。 長い間広告を出し続けた東京メトロの協力体制に驚かされます。 (半年くらい前から何かしら宣伝していたのでは?) ...続きを見る
映画、鉄蔵のつぶやき。
2006/10/17 00:01
「地下鉄<メトロ>に乗って」:東京駅丸の内南口バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}東京駅から新中野に行くには丸の内線が便利だ。 {/hiyo_en2/}映画の「地下鉄<メトロ>に乗って」では、永田町の駅を降りると新中野の町だったのよね。 {/kaeru_en4/}丸の内線に永田町なんて駅、ないけどな。 {/hiyo_en2/}え、そうなの? {/kaeru_en4/}丸の内線は赤坂見附、永田町は半蔵門線だ。 {/hiyo_en2/}まあ、どっちでもいいけど。 {/kaeru_en4/}よくはない。どうして半蔵門線の駅を降りると丸の内線の駅になってし... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2006/10/22 17:57
【劇場鑑賞115】地下鉄(メトロ)に乗って
あなたは、父になる前の父親を知ってますか? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/10/26 23:10
真・映画日記『地下鉄に乗って』
10月25日(水) ...続きを見る
CHEAP THRILL
2006/10/29 06:02
地下鉄(メトロ)に乗って
メトロな揺れ レトロなルーツに 心揺れ  ...続きを見る
空想俳人日記
2006/11/07 12:26
東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 ...続きを見る
soramove
2006/11/11 20:19
地下鉄<メトロ>に乗って
 昔からよくある、自分や自分の肉親の過去に戻る話の一つですが(とはいっても、大傑作『バタフライ・エフェクト』の強い影響を感じさせます)、大き ...続きを見る
シネクリシェ
2006/11/13 05:44
[ 地下鉄(メトロ)に乗って ]メトロでレトロを体験する
[ 地下鉄(メトロ)に乗って ]@歌舞伎町で鑑賞 浅田次郎の同名小説の映画化。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2006/11/22 22:04
地下鉄(メトロ)に乗って <ネタバレあり>
この映画のようにタイムスリップ出来るとすれば ワタクシは自分が生まれた日の両親の様子が見たい。長女なので 喜んだには違いないが はたしてどの程度偶然だか仕組まれたことなのか 兄ちゃんの命日に事が始まりあれだけ憎んでいた父親の“真の姿”に出会う事になる、... ...続きを見る
HAPPYMANIA
2006/11/23 03:46
mini review 07037「地下鉄(メトロ)に乗って」★★★★★☆☆☆☆☆
カテゴリ : ドラマ ...続きを見る
サーカスな日々
2007/03/27 14:29
地下鉄(メトロ)に乗って−(映画:2007年76本目)−
原作:浅田次郎 監督:篠原哲雄 出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2007/07/12 03:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 地下鉄(メトロ)に乗って 」 MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる