MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 ガラスのうさぎ 」

<<   作成日時 : 2006/06/16 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

usagi
監督 :  四分一 節子
主演 :  江井 敏子(声:最上莉奈) / 江井 竹雄(声:原 康義) /
      / 江井 ヒデ(声:竹下景子)/江井 恒夫(声:神谷 浩史)  /
   公式HP :http://www.ggvp.net/usagi/index.htm


  原 作 高木敏子(金の星社・刊)


   ■シネ・リーブル池袋 チケットご案内


   5月14日(土)〜5月27日(金)


   限定モーニング AM9:30〜(1回) 上映場所 シネ・リーブル池袋 他


 


 「ガラスのうさぎ」は、戦争を知らない子ども達に戦争の悲惨さと恐ろしさ、平和と命の尊さを知ってほしいという願いから刊行され、27年間ロングセラーを続け、今日まで210万部を超えるベストセラーとして多くの人々の間で読み継がれている名作です。


 そして、今回は、終戦60周年記念作品として、2005年新春に装いも新たに「ガラスのうさぎ」がアニメーション映画として甦ります。


 


 ●平和の祈りを込めて・・・


 映画「ガラスのうさぎ」は、12歳の少女が戦争・東京大空襲下の体験を通して、戦争の本当の悲惨さや恐ろしさを知り、そして、その後の混乱と厳しい生活を生き抜きながら、平和への願いを渇望する感動の作品です。

 21世紀は平和の世紀として、世界の人々が豊かで自由な生活を願った世紀の始まりでした。しかし、2001年9月11日の同時多発テロに始まる平和の危機は、アフガニスタン、イラク戦争と続き、終結宣言のあとも尚、世界の国々を巻き込んで泥沼化しています。

 終戦から60年近くの歳月が経った日本では、戦争を知らない世代が多数を占めています。戦争体験が風化された今日だからこそ、戦争の悲惨さを伝え、平和の尊さを伝えてゆく願いを込めて映画は制作されます。


 


 <story>


   太平洋戦争末期、東京下町に住む少女・敏子は敗戦色が濃く物資が欠乏した厳しい世の中で、家族とともに一生懸命生きていました。しかし、昭和20年3月10日の東京大空襲で、敏子は母と二人の妹を失ってしまいます。焼け跡から、空襲の猛火で形の変わったガラスのうさぎを堀り出した敏子は、戦争の恐ろしさを目の当たりにします。更に疎開の途中、駅で米軍機の機銃掃射を受け、父までも亡くなってしまいました。たったひとりになった敏子は、絶望の果てに死を見つめ深夜の海辺をさまよいますが、「私が死んだら、お父さん、お母さん、妹たちのお墓参りは誰がするの。私は生きなければ……」と孤独と悲しみの中で、心を奮い立たせるのでした……。


 2005-05-03 22:46:24 ☆ 主題歌 ☆ ☆ おとうさん ☆

      

       ( 視聴にはWindows Media Player かQuick time が必要です )


       ☆ Windows Media Player download
       ☆ QuickTimedownload


〜おしまい〜




ガラスのうさぎ
ガラスのうさぎ (フォア文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 ガラスのうさぎ 」 MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる