MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 コーラス 」

<<   作成日時 : 2006/06/16 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

chorus
監督 :  クリストフ・バラティエ
主演 :  ジェラール・ジュニョ / フランソワ・ベルレアン  /
 / ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク合唱団ソリスト)
公式HP : http://www.herald.co.jp/official/chorus/index.shtml


 2004年3月にフランス国内で公開されると同時に、その普遍的なテーマ性とひたむきな子供たちの姿に圧倒的な支持が集まり、瞬く間に「アメリ」の記録を抜きフランス映画史上空前のヒットを記録。公開15週で750万人を動員、フランス人の7人に一人が観たというほど多くの人に愛され、感動を巻き起こした作品としてヨーロッパ中で異例の一大現象を巻き起こしているとのことです。


 1949年フランスの片田舎の澄み切った木立の奥に彼らの学校がありました。貧しい親元を離れて寄宿学校で暮らす子供たち、どうしようもなく手がつけられない子供達が集められる学校なのです。

そんな学校にある日、フランスで最も愛されている俳優ジェラール・ジュニョ演じる、落ちぶれた音楽家のマチューがそんな自分にはふさわしい場所と、、「池の底」と呼ばれるこの学校に音楽教師としてここに赴任してきます。


 日本で言えば 「3年B組 金八先生」といったところでしょうか、生徒達の悪さで怪我をしてしまってやめていく先生の代わりにマチューは赴任してくるのですが、引き継ぎの際に二人の生徒には気をつけるようにと忠告を受けます。その生徒のうちひとりは、実際にサンマルク合唱団のソリストである、ジャン=バティスト・モニエ演じる、ピエール。物静かな顔をしながらも心は冷たい悪魔のような子だと教えられます。そして、もう一人の問題児と教えられたルクレキュがした、いたずらによって、生徒達を最も理解し、愛していた用務員のマクセンスさんは重傷の怪我を負ってしまいます。マチューは体罰を加えるのではなく、マクセンスさんの身の回りの世話をすることをルクレキュに罰として与えます。レクレキュはマクセンスさんのほんとの優しさにふれ、心を打たれるのです


 いたずらや反抗することでしか、親のない寂しさや、両親にあえない寂しさを紛らわすすべを知らない子供達に、一人一人に向けられたマチューの無償の愛が少しずつ閉ざされた心を温めて行くのです。


 当時13歳のジャン=バティスト・モニエは、憂いを秘めた歌声と本物の天使を思わせるルックスでフランス中を魅了して行ったのです。ジャン=バティスト・モニエの歌声を聴くだけも涙が溢れそうになり、感動にうち震えます。そして、歌っているときの彼の瞳は澄み切っていて心が洗われるようにさえ思えます。


 ストーリーの中盤からこの学校へ入れて更正できるかどうかの実験されることになった、知能が低く、凶暴性がある手がつけられない少年の描き方が中途半端だった感もも否めなかったものの、ストーリー云々より、演技云々よりもサン・マルク合唱団とソリストのジャン=バティスト・モニエの素晴しい歌声が雄弁にストーリーを物語ってくれます♪


◆ 文部科学省特別選定

◆ 2004年フランス動員記録1位樹立(870万人動員)

◆ アカデミー賞 外国語映画賞、歌曲賞ノミネート

◆ ゴールデン・グローブ賞 外国語映画部門ノミネート

◆ セザール賞 8部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・音楽賞・主題歌賞・新人監督賞・美術賞)ノミネート


〜おしまい〜



------ ジェラール・ジュニョの出演映画  ------------------------------

   バティニョールおじさん  バティニョールおじさん<DVD> 
----------------------------------------------------------------

コーラス メモリアル・エディション
コーラス メモリアル・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 コーラス 」 MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる