MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 オオカミの誘惑 」

<<   作成日時 : 2006/06/16 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ookami
監督 :  キム・テギュン
主演 :  イ・チョンア / チョ・ハンソン /
      / カン・ドンウォン /
公式HP : http://www.ookami-yuwaku.com/


 300万件を超えるアクセスがあったという爆発的な人気を呼んだインターネット青春小説の映画化だそうです。

インターネットが盛んな韓国らしい、ネット配信ドラマの大ヒット作です。

韓国では、日本のように一日中TVが放映されていないそうです。だからこそ、インターネットという手段で発達していくのもうなずける話ですね〜

そして、日本ではドラマで扱いそうな内容も映画化されてどんどん作られていくのもそういうお国事情もあるのかもしれませんね。

 原作は、クィヨニという18歳の女の子です。


 今まで観た韓国映画の中では唯一泣かせてくれた秀作です♪

これは、おもしろかったです。

相変わらず、韓国映画のエグイ恋の駆け引きもチョ・ハンソン演じるヘウォンのファンのなかで一部あったけど、ま、この程度ならあり得るかな、みたいな感じで許せます(笑)

ストーリも相変わらず韓国映画の、「おねえさん」「おにいちゃん」的なおきまりの腹違いチックな姉弟の切ない恋はモチーフになってるものの、これなら、「天国の階段」よりは、許せるかな(笑)


 彼氏役のチョ・ハンソンは限りなく安住伸一郎似だけど(笑)、ヒロインのイ・チョンア演じるチョン・ハンギョンより年下を演じています、ちょっと違和感あり〜?・・・


しかし、しかぁ〜〜っし、この映画は良かった〜♪

チョン・ハギョンが化粧っけなしのあの太いまゆで、田舎から出てきた高校生をピュアに演じています。

彼女が素朴なだけに、この映画のストーリーが生きていた気がします。


カンソン高校の不良グループ対ソングォン高校の不良グループの喧嘩シーンもスローモーションとライニング効果が効いてて結構いけてました。

カン・ドンウォン演じる弟テソンからの姉への思慕にも似た恋とハギョンのピュアさに突然ハートを射抜かれたヘウォンの恋との間で苦悩する心の優しいヒロイン、ハンギョン。


 そしてラストシーンは、絶対こうなるな、、っと予想どうりだったものの、泣かせてくれました・・・


 せつない〜〜〜〜。そんな映画でした♪


 そして、必ずどっち派?って事になるんだけど・・


 私は、絶対〜〜〜!! テソン派なり!!(笑)


〜おしまい〜




オオカミの誘惑 デラックス版
オオカミの誘惑 デラックス版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 オオカミの誘惑 」 MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる