MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 アンダー・ワールド 」

<<   作成日時 : 2006/06/15 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

監督 : レン・ワイズマン  
主演 : ケイト・ベッキンセイル  / スコット・スピードマン / 
      
公式HP : http://www.gaga.ne.jp/underworld/

 「ヴァンパイア・ムービー」の続編です。そしてもうすぐ、「アンダーワールド:エボリューション」が公開になると?思いますので、予習をしようかなっと思ってみたのですが、この映画を観る前に予習が必要だった(笑)・・・ o(∇^*o)(o*^∇)oヘラヘラ
 でも、とりあえず、導入部分のケイトのナレーションで前作のストーリーを説明してくれているので、ある程度理解できました・・・

 私、ヴァンパイアものは結構好きなのです。「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」は、今ではばりばり主役のトム・クルーズ、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラスっとほれぼれするほど美しい俳優さんの共演で、嫌われ者のレスタトのラストシーンがニヤッ笑えて、なんか憎めなくて、すごっく好き(笑)、なんって言うのだろう・・・そのしたたかさが憎めないというか、説明に苦しむのですが、不思議な感覚です。この前も急に観たくなって突然夜中に一人で観てしまいました。

 その続編で、トム・クルーズのレスタトを「ロード〜」のアラゴルン役を途中降板したことで話題だったスチュアート・タウンゼントが主役で演じた「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」も音楽が凄く好きでした。ストーリーはちょっと置いといて、観ていてわくわくして来ちゃうと言うか、めちゃくちゃ好み・・・でした。

 「ヴァン・ヘルシング」はヴァンパイアが主役じゃなかったですが、無骨なかんじのヒュージャックマンがなんか好きじゃやなくて、華に欠けていたし、ストーリーもいまいちもりあがっていなかったし、つまらなかったというか、ヴァンパイアがイマイチキモかったですね。しかし、唯一ケイト・ベッキンセールが綺麗だったのが印象的でした。

 「ブレイド」は、「コンスタンティン」同様、アメコミが超お得意のハーフブリードというか、人間とヴァンパイアの合いの子とヴァンパイアの戦い?そこに人間が絡んできて三つどもえの戦いが・・・っと、ちょっとストーリーは忘れてしまって印象にないです(笑)。ただ、マーシャル・アーツなアクションとジェシカ・ビールがかっこよかった・・・っという印象だけが。

 どうもアメコミものは、続編、続編と言う感じなので、前作を観ていないで突然続編物から観ちゃうと十分楽しめないところがありますよね。かといって、アメコミを読んでみようとか最初から前作をまた観てみようとさせる魅力にも欠けています。

 女性のアクションがかっこいい映画は大好きなので、よく好んで観るのですが、ほんもののアクションができるのは、ルーシー・リューさんだけかと思っていたら、ジェシカ・ビールも体を鍛えていて、彼女のアクションもほんものでかっこいいですね。天は二物を与えないものかと思っていたら、最近では、ジェシカ・ビールやジェニファー・ガーナーなど美しさも兼ね備えた女優さんが増えてきたなっと感じていました。

 そして、「イーオン・フラックス」。ハリウッドきっての美形女優シャーリーズ・セロンがアメコミに挑戦という事で、去年からすご〜っく楽しみにしていたのですが、いまち期待はずれすぎ・・・

 それでは、っといういうことで、「ヴァン・ヘルシング」のケイト・ベッキンセールのアクション映画の本作品を観たいナット・・・・

 

 かなり前ふりが長くなってしまいましたが(笑)。結論から言うと結構楽しめました(*'▽'*)

 スレンダーなナイスボディと超が着くほど美しいお顔で、生い立ちに影のあるシンの強い女性を好演していました。かっこい〜〜!
お話も、ヴァンパイア(吸血鬼)とライカン(ウルフマン)の比較的正当派なストーリーです。

 ヴァンパイアものにもいろんな設定のストーリーが作られていますが、この映画は、日本の任侠映画みたいに「堅気の人には迷惑をかけない」的な、ヴァンパイアとウルフマンの争いの中で人間医師マイケルが絡んでくるストーリーです。いまいち、その人間医師マイケルは知らない俳優さんなのでちょっとわたし的には魅力がかんじられなかったのですが、ケイト演じるセリーンがかなりかっこよくて強い!。

 女性のヒーローものの中では比較的本作が気にいりました。続編「アンダーワールド:エボリューション」への予習もばっちりですよ(笑)

 ラジー賞に輝いちゃった「キャット・ウーマン」は、ハルベリーの露出された色っぽい衣装とスタイルの魅力だけで、ストーリーには魅力がなかったですが、この作品は、キャット・ウーマンのように色気を全面に出して来なくても、十分彼女の魅力があふれていてかっこよかった。

 

Story : 人間の未知なる世界“アンダーワールド”を舞台に、何百年にわたって続く吸血鬼<ヴァンパイア>と狼男族<ライカン>の壮絶な闘いを軸に、ヴァンパイアのヒロインと人間の青年医師との禁断の恋を描いたアクション・ゴシック・ホラー。主演は「パール・ハーバー」のケイト・ベッキンセイル。共演に「ダーク・スティール」のスコット・スピードマン。監督は、映画の美術部門でキャリアを重ね、その後はCFやミュージック・ビデオの世界で活躍、これが映画デビューとなるレン・ワイズマン。
 ビルの屋上から楽々と地上に降り立つ一人の美女。彼女の正体は吸血鬼<ヴァンパイア>の女戦士セリーン。ある時、彼女はヴァンパイアの宿敵、狼男族<ライカン>が人間の青年医師マイケルを追いかけていることに気づく。不審に思ったセリーンはマイケルの行動を追跡。そして、彼に直接尋問している最中、ライカンたちに急襲される。セリーンはとっさにマイケルを助けて逃走するが、その直前、マイケルはライカンのリーダー、ルシアンに肩を咬まれてしまう。それは、マイケルがほどなくライカンになることを意味するのだった…。


 *--------------------------------------------------------------*

 「アンダーワールド」オリジナル・サウンドトラック
アンダーワールド」オリジナル・サウンドトラック
 *--------------------------------------------------------------*

 アンダーワールド Special Edition -DVD-〔送料無料キャンペーン中〕アンダーワールド Special Edition -DVD-〔送料無料キャンペーン中〕

 *--------------------------------------------------------------*

 アビエイター

 *--------------------------------------------------------------*

 

〜おしまい〜

      

☆ランキングに参加しています。ロ_ρ゛(・・ ) プチンッしてくださると大変喜びまっす☆
↓           ↓           ↓           ↓
HPランキング ‖blogランキング ‖blog&検索エンジン ‖ベストブログランキング

2005年上映一覧へMoonDreamWorks Movie riport Index日記一覧ヘ


アンダーワールド2 エボリューション コレクターズ・エディションアンダーワールド スペシャル・エディション
アンダーワールド2 エボリューション コレクターズ・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 アンダー・ワールド 」 MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる