MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 」

<<   作成日時 : 2006/06/18 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

richard 
監督 : ニルス・ミュラー
主演 : ショーン・ペン / ドン・チードル /
     ナオミ・ワッツ
 公式HP

  「 THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON  」

 レオナルド・ディカプリオ、アルフォンソ・キュアロン、アレクサンダー・ペイン。
今をときめく大物たちがエールを送り参加することで実現した、監督ニルス・ミュラーのデビュー作

 主役のサミュエルを演じるのは、かっこよすぎる風貌から、どうやって変幻自在に障害者・娘を失った父親・SP・小心者のハイジャック犯となりきれるのか・・・
今、私が最も注目するスターの一人 ショーン・ペン。

 サムの別居中の妻マリー役で複雑な女心を演じてみせるのが、ショーン・ペンとの共演作「 21グラム 」でアカデミー主演女優賞候補となったナオミ・ワッツ
サムが心から信頼を寄せる修理工の友人ボニーには「 オーシャンズ12 」のドン・チードル と実力派が脇を固めています。

sam       don       naomi

 

  1974年 2月22日 午前7時15分 ボルチモアーワシントン国際空港

 これは Samuel J Byck (サミュエル・ジョセフ・ビック)44歳が起こした真実の物語。

 彼は偽りのない物を心から愛しました。

 レオナード・バーンスタインをこよなく愛し、彼に真実の声を録音したテープを送り続けたのです。

 

 一般に事件を起こす凶悪犯と一言で言ってしまえば、いかにも凶暴で善悪の判断も付かないくずのような人間に思えますが、法に触れていないだけで人をだまして暴利をむさぼりながら、白とも黒とも言えない微妙な悪人は当たり前のようにこの世に数多く存在しています。
人をだますことを憎み、だからといって、自分で何かを主張する事もできない小心者のサムは、人種差別や、普通に努力する者が職に就けない理不尽さをすべて世の中のせいに、強いてはその世を統治する一国の大統領リチャード・ニクソンのせいだと思いこむところまで追い込まれていきます。

 仕事を次々に変えて、

 何ひとつうまくいかない。

 世の中が悪いのだ。

 まさにウォーターゲート事件の只中に居たニクソン大統領が悪いのだと・・・

 彼は 「自分なりに正直に生きたかった」 だけ だったのでしょう・・・・・・

 しかし、私は、終始この映画の中でサムに同情すべきところが見つかりませんでした・・・・

 たしかに、貧富の差や人種差別の問題は政府の責任だと思う。でも、どうひいき目に考えても同情に値しない行為には違いない。
私利私欲に駆られて起こした事件でないにしても、
結果として尊いふたりの命がこの世から消えて行ったのです・・・・

 そして、飛行機が離陸していたら・・・・

 2001年9月11日の航空機を爆弾として使用するテロ事件が発生する27年前に、この事件は起きています。

 この映画がこの世に送り出された事によってどんなメッセージが込められていたのか、観た後に感動はなかった・・・・

 ただ、ショーン・ペンの演じた、ただまじめに正直に生きようとしていた男サミュエルが、愛する者達を取り戻そうと焦り、次第に精神が病んで破滅して行く過程を理知的にフェードイン、フェードアウトして表現していくところが素晴しく見事だったと思えます。

 そして、観た価値は確かにあったかと・・・




<調査>

この無価値な暗殺事件の後行われた調査によると、サミュエル・ビックは当時のワシントンポスト記者ジャック・アンダーソンに犯罪計画のテープを送付していた事が判明した。また前年の1973年12月には、サンタクロースの格好をしてホワイトハウスの前でプロテストをするビックが逮捕されていた記録も判明。事実ビックは1972年頃より大統領付のシークレットサービスに目を付けられていた人物であった。ビックは幾度か大統領を脅迫するような行動をとり、1972年10月にはシークレットサービスにより尋問されていた。この時ビックは脅迫はただの冗談だと切り抜けていた。またビックは医師ジョナス・ソーク、アブラハム・リビコフ上院議員、そして崇拝する音楽家レオナード・バーンステインなどの著名人宛に、奇妙で散漫なテープを送りつけていた。さらにビックは鬱病治療の為に2ヶ月間精神病院に入院歴があった。彼は自身や世の中の貧しい者の生活の問題の原因は国家の陰謀にあると主張、ニクソン大統領を公に批判していた。事件当時、もしビックが辛抱強く飛行機の離陸を待っていたとしたら、事態はとてつもなく違ったものになっていたと予想される。
この暗殺未遂事件の後、ホワイトハウスの地下には避難用シェルターが作られた。また屋上には対航空機用のミサイルが備え付けられている。

---公式HPより抜粋---

 

 サミュエル・ジョセフ・ビック
(1930ー1974)

米フィラデルフィア州出身。貧困な家庭に育ったビックは高校を中退後、職を転々とし、24歳の時に軍隊へ入隊、銃と爆発物の訓練を受ける。1956年26歳の時に軍を脱退し、すぐに結婚し4人の子供に恵まれるが、定職に就くことができず、タイヤセールスなどの自営業にも失敗する。生活が不安定な時期にビックは2ヶ月間精神病院に入院し鬱病の治療を受ける。鬱病は次第に怒りへと変化し、ビックは自らの不安定な生活の責任は全て国家にあると訴え始める。ビックはニクソン大統領を公に批判しはじめる。

 


 

〜おしまい〜

  

HPランキングに参加しています ロ_ρ゛(・・ ) プチンッしてくださると大変喜びまっす☆

2005年劇場上映一覧へMoonDreamWorks Movie riport Index日記一覧ヘ


リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 ---The Assassination Of Richard Nixon--- 2004年(アメリカ) ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2006/06/22 10:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ショーン・ペンが良かったですね!

「迷い婚〜全ての迷える女性たちへ〜 」にTBを何度かトライしてみましたが、残念ですが反映されてないようです。
こちらは一度でTBがかけられました〜。
小米花
2006/06/22 10:56
小米花さん、ヽ(´▽`)/コメントありがとうございます。

(*¨)(*..)(*¨)(*..)ウンウン ショーンペンが良かったデスよね!!
小心者の演技が抜群にはまっていました。
ほんっとはクールでかっこいいのにね〜〜♪

TB、変ですね〜〜(困
他のブログからTBしてくださっていますので、ウェブリ同士で出来ないはずがないのですがぁ・・

TBのURLは一応こちらです ↓
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=a5514b6f6d
rikocchin
2006/06/22 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 」 MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる