MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 ハイド・アンド・シーク 」

<<   作成日時 : 2006/06/18 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

hide
監督 :  ジョン・ポルソン
主演 :  ロバート・デ・ニーロ  / ダコタ・ファニング /
      / ファムケ・ヤンセン /
公式HP :http://www.foxjapan.com/movies/hideandseek/


 公式HP等の予告で見る限り、この映画が、スリラーなのかサスペンスなのかどちらともとれる内容だったので、内心どんなに怖いのか、怖かったらどうしよう・・

みたいな、そんな思いしながら観てました。

怖いのが嫌いなら観なきゃいいじゃないって・・・言われそうですが、やはり、「アイ・アム・サム」 のダコタ・ファニングの主演映画ですもの、観ないですごすわけには・・・いきませんよね(笑)


 結論から言っちゃうと、これはサスペンスですね。

 あらすじは、一切書きません〜

 書いちゃうと、つまんないのですよ・・・


 冒頭からほぼ全員が怪しい〜と言っていいほど怪しげな人物設定でいろいろな人が登場してきます。

 その割にヒントが簡単すぎ(笑)

 ちょっと、サスペンスの脚本的観点からいうと、ちょっぴり、残念〜




 スリラーとかサスペンスを通常は観ない私でも、すぐにどういう筋書きなのか、読めてしまいました。



だから、安心して?(笑)っというか、それほど恐怖は感じないで観ることができました。

ただ、それだけにこの映画が表現したいものはなんなんだろうか、っと後でピントこないものもありました。

親子の愛情を描いたとか、超感動スリラーとかって、予告サイトには書いてあったのですが、確かに親子の深い愛情は感じられましたが、感度はどこに?っと言う感じかな?

その「感動」の部分に惹かれて怖さを我慢する決心をして観たのですが(笑)・・・


 しかし!ロバート・デニーロの円熟した演技はもちろん周知のものですが、ダコタの恐怖を演じる演技も11歳とは思えない天性の素質を魅せてくれています。

ダコタは少女の恐怖の限界というものをリアルに壮絶に表現していました。


  凄い子だ!♪ いや、プロの女優なのね〜


 彼女の出演する映画は、去年全米興行成績で初登場1位を果たした「マイ・ボディガード」に続く2作目の1位獲得で、興行収入も3日間で2200万ドルということで、いかに周囲の期待が大きいかと言うことが伺われますね。




 巧妙なサスペンスを求めて欲張って求めなければ、二人の演技だけで、観る価値はあるとおもいますよ。


 それにしても、実際の映画より、公式HPのほうが怖すぎです(笑)


 ちなみに、英語のポスターのキャッチコピーでは、「Come out com out whatever you are」
ですって・・・・(笑)

 意訳いたしますと・・・「出てこい!出てこい!たとえおまえがだれであろうと・・」
なんぁ〜んって感じらし〜です♪


 映画を観た後にこのキャッチフレーズみると、なぁ〜るぅ〜♪ってかんじでっす・・・・


 ダコタの次回作は 「Dreamer」 をすでに撮り終えているそうです。
ストーリーは感動的な家族ドラマ。泣かしてくれるのだろうなぁ〜(笑)

 そして、映画化が企画進行中のルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」でも主演が予定されているそうですよ。


〜おしまい〜




ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ〈特別編〉
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ〈特別編〉 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Hide and Seek / ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
Story ある日、幸せだったCallaway家に突然の悲劇が訪れた。Davidの妻Alisonが浴室で自ら手首を切り、その命を絶ってしまったのだった。以来、心を閉ざしてしまったEmily。心理学者でもある父Davidは、娘の心が癒えるようにとニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町.... ...続きを見る
NY映画生活
2006/07/10 01:58
映画『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』
原題:Hide and Seek 決まって深夜2時6分に目覚める(我に返る)そして謎めいて恐ろしいことが起きている、なにがどうなのか訳の分からないまま、物語は進むサイコスリラー・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/10/10 01:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 ハイド・アンド・シーク 」 MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる